ページ数が多いサイトはSEOに強い?これはよくある間違った質問です。

SEO対策

From:馬場宏
川崎市中原区の元住吉のオフィスより、、、

「ホームページを作ったら検索結果の上位に表示して売上に繋げたい」、そう考えるのが普通です。

ホームページを自作した人や運用を自分でやっている人は、検索順位を上げるためにネットでSEO対策の方法を検索していますよね?今回のテーマである「ページ数を増やす」というのは、SEO対策のひとつとして多くのページで紹介されています。

しかし現実的には、、、

といった感じで、「なぜ効果が出ないのか?」「そもそもページ数を増やすことにSEOの効果はあるのか?」「ページ数の増やし方に問題があるのか?」と色々な疑問が湧いてきて、さらに検索をしている状況ではないでしょうか?

ずばり言います。ページ数が多いWEBサイトがSEOに強いのか?という質問が間違っています。この質問に対しては、正しい回答ができません。

そもそも検索順位決定のアルゴリズムは完全にブラックボックスなので、厳密には何が「正しい」方法かはGoogle以外分かりません。しかし、質問と回答のセットがマッチしていなければ、「正しいと思われる」方法や回答を伝えることができません

この記事では、質問と回答のセットを正しくした形で、あなたの知りたいことをお伝えします。

 

ページ数とSEOの関係の前にページ数ってなに?

まず初めに、言葉の定義をしっかりと合わせていきます。

ページ数とは、WEBサイトを構成しているページの数ではありません。ん?なに言っているの?と思うかもしれませんね。ページ数=Googleがデータベースに登録しているページ数を意味します。正確にはインデックス数といいます。この記事では分かりやすさを優先して、以降もページ数と書きます。

Googleがデータベースに登録していると書いているということは、データベースに登録されていないページもあるってこと?と思った方。そのとおりです。ホームページを作っても、すぐにGoogleがデータベースに登録してくれません。

全世界にはホームページが5億くらいあります。そして、どんどんページは増えていきます。GoogleはGoogle botと呼ばれるプログラムで、インターネット上のWEBサイトを巡回して、ページが増えたとか減ったとか、いろんな情報を収集しています。これをクローリングと言います。

クローリングして情報をデータベースに登録するまでには、どうしてもタイムラグが発生します。あまり更新されないホームページはクローリングの頻度が少ないので、登録するまでのタイムラグは長くなります。Google botも、これだけ数があるとすべてのWEBサイトを頻繁にクローリングはできません。

つまり、メリハリ(優先順位)を付けてクローリングしているのです。たとえば、更新していないと閉店したお店のWEBサイトかもしれないわけです。直近の日付で頻繁に更新していれば、少なくとも閉店したお店のWEBサイトということはなくなります。Googleだってムダにリソースを使いたくないのです。これは言われてみると当たり前ですよね。

あなたのWEBサイトで登録されたページ数を知りたい場合、「site: url」で検索してください。当社であれば、「site:https://bc-sol.jp」という感じです。

ページ数が多いWEBサイトはSEOに強いのか?という質問を分解する

では、本題に入ります。

先ほど書いたとおり、「ページ数が多いWEBサイトはSEOに強いのか?」という質問には答えられません。この質問は2つの質問に分解することで、答えられるようになります。

質問を分解するうえで、WEBサイトの基本的な構造とGoogleの評価のあり方を理解する必要があります。これを知らないために、間違った質問になってしまっていますからね。

WEBサイトとWEBページ

まず、いわゆるホームページとはWEBサイトのことを意味します。WEBサイトは、WEBページが集まってできたものです。つまり、うちの会社のWEBサイトは~、という表現はWEBページを集めた全体のことを意味します。

トップページと下層ページ

WEBサイトはWEBページの集まりだと分かったところで、よくトップページという言葉を聞くと思います。イメージ的には、トップページとそれ以外のページという感じでとらえている人が多いのではないでしょうか?そのイメージで合っています。

トップページがあって、その下にその他ページがぶら下がっている感じです。たとえば、トップページがあって、その下のひとつにサービス案内ページがあって、サービス案内ページの下にWEBサイト制作ページやWEBマーケティングページ、WEB運用保守ページがさらにぶらさがって・・・といったような階層構造に通常なっています。

ランディングページとかLPといった言葉を聞いたことがある人も多いですよね。一般的に使用されるときには、縦に長い1ページものを指します。通常階層構造で作らずに、単体で作って広告をあてる感じです。

ちょっと話が脱線してしまいましたが、WEBページにはトップページとそれ以外のページがあると理解してください。

Googleの評価単位は基本的にWEBページ

WEBサイトはWEBページの集合ですから、Googleが評価するのはWEBページ単位になります。ただし、「基本的に」で、例外があります。例外はトップページです。トップページを最上位に、その下に階層構造でそれ以外のページがぶら下がっていると説明しましたよね。

つまり、トップページというのは、あなたのWEBサイトの玄関みたいなものであり、目次みたいなものです。そのため、評価の考え方も変わってきます。

他のWEBページとどう違うかというと、階層の最上位にあるものなので、トップページだけはトップページ単体+他のWEBページの評価の総合的な評価になります。これが分かると、ページ数が多いWEBサイトはSEOに強いのか?という質問が意味をなさないことが分かるはずです。

これを前提に質問を分解します。

ページ数が多いWEBサイトのトップページはSEOに強いのか?

強いて言える質問はコレです。WEBサイトではなく、WEBサイトのトップページ。

トップページは単体+それ以外のページの評価の総合的な評価と書きましたよね。ですので、ページ数が多いことでSEOで有利になるのか?強くなるのか?という質問は成立します。

で、この質問に対する答えは、、、

どちらでもない

です。

もう少し丁寧に書くと、Googleが品質が高いと評価したページ数が多ければ、という前提条件付きであれば、SEOで有利になると可能性が高いといえます。品質が低いと評価したページ数が多ければ、どれだけページ数が多くても価値がないことはイメージがつきますよね?

ではどんなページがGoogleで高い評価を受けて、SEOで有利になる可能性があるか?これを理解することがとても大切になります。

SEO効果を期待できるページ数の増やし方は?

SEOの本質は、検索エンジンで検索する人の検索意図を満たす、役に立つ・価値がある他より優れたコンテンツを提供することです。

人は何かしら目的があって検索します。最新の情報が知りたいかもしれないし、悩みを解決する商品を探しているかもしれないし、情報収集しているだけかもしれません。なんであれ、検索している目的を達成したいことは変わりません。

事業者側は、競合他社よりも「分かりやすい!内容が充実している!他にはない独自の視点がある!」ことで、より高い価値を感じもらうのです。

素早く品質の高いページ(コンテンツ)を作る方法をお伝えします。ずばりそれは、お客様に直接聞くことです。お客様に自社の商品サービスを探すときに、「なにが知りたかったか?」「どんな悩みや不安があったか?」「どんなキーワードで検索したか?」などを聞くのです。

お客様から聞いた内容を、キーワードを意識してコンテンツを作れば、SEO効果がある品質が高いページを作れます。しかも、この方法なら簡単にSEOに効果があるページ数を増やすことができます。

※もっと詳しい検索意図を満たすコンテンツの作り方は、検索意図とは?調べ方からコンテンツの制作方法までを解説で説明していますので、あわせて読んでみてください。

ページ数が多いことでWEBサイトにもたらすSEO効果は?

もう1つの質問は、WEBサイトがSEOに強いかどうかではなく、何かしらのSEO効果があるか?ということです。

この質問に対する答えですが、

WEBページの評価次第

です。

それぞれのWEBページの品質が高ければ、それぞれのページでSEO効果が発揮され、上位表示されることになります。それをWEBサイト全体で見たときの効果に過ぎないので、結局のところ、WEBページの出来次第になります。

品質の高いWEBページが多いWEBサイトではどのような効果が見込めるかというと、大きくは1つ。無理やり分けて書くと2つあります。

より多くのキーワードで検索ヒットする

品質の高いWEBページ数が増えれば、上位表示される検索キーワードが増えます

10ページのWEBサイトよりも、100ページのWEBサイトの方が単純に検索ヒットするキーワードが増えるのはイメージできますよね?10ページで10ページ全部品質が高くても、100ページで2割の20ページ品質が高いWEBサイトの方が、当たり前ですが、ヒットする検索キーワードは増えます。

2019年くらいからは、それ以前のようにGoogleのコアアップデート(検索順位決定アルゴリズムの大規模アップデートのこと)によって、検索順位1桁から突然圏外に吹っ飛ぶようなことは、ほとんどなくなりました。なにをもって品質が高いのかをGoogleがしっかりと方向性を示して、その方向性が変わらなくなったからです。

まあ、この記事とはまったく関係ないですが、Googleがブレなくなって、最近は面白くなくなりました。なんていうか、安牌な検索結果しか表示されないというか。以前はもっと多様性があって、え?こんなページが上位で表示されんの?みたいなのがありましたが、今は完全に落ち着いてしまって、そういうのはありません。そういう意味で面白くない検索結果になってます。

ということで、きちんと品質の高いページを作りさえすれば、検索順位がガラポンに突然変わることなく、ある程度安定的にアクセスを稼ぐことができます。そういうページが多ければ多いほど、WEBサイトのアクセス数が安定して多くなる、結果的に、売上に繋がりやすくなるということです。

ロングテールSEOで永続的にアクセスを生み出す

これは若干無理やり書いてます。別にページ数が多いから、という訳ではないですから。

多くの場合、ページ数を増やそうとするとロングテールSEOを狙ってページを作成することになります。そのため、無理やりここに効果として突っ込みました。

ロングテールSEOとは、「複数のキーワードを組み合わせた、検索回数が少ないキーワード」だが「競合するWEBページが少ない」スモールキーワードで、検索上位を獲得することです。

たとえば、「耳鼻科」のような1語はビッグキーワードといいます。「耳鼻科 難聴 ステロイド」「蓄膿症 手術 後遺症」のような組み合わせをスモールキーワードといいます。ビックキーワードとくらべて競合が少ないため上位表示はしやすいですが、検索回数が少なくなるのはイメージできますよね?

1日10アクセスのページでも100ページあれば、サイト全体では1日で1,000アクセスになります。月間だと3万アクセスです。塵も積もれば山となる、というやつです。

スモールキーワードでSEO対策したページ数をコツコツと増やしていくことで、WEBサイト全体でアクセス数が増えるということです。

SEOで逆効果になるページ数は増やしてはいけない

品質の高いページはSEOで評価され、品質の低いページはSEOで評価されないと書きました。つまり、品質が低いページは数を増やしたところで、SEOで逆効果になります。

SEOに良いと思って逆にページ数が増えてしまうのは?

これはブログの記事です。

個人事業主や小規模事業者であればホームページを作ったら、ブログで記事をたくさん書いて、記事経由でアクセスを集めるケースが多くなります。とにかく、記事数を増やそうと頑張れば頑張るほど、逆効果になることがあります。

「どういう記事を書けばいいか」、「どういう書き方(SEO的なお作法)をすればいいか」を制作会社が伝えていないのが一番の原因なので心が痛みますが。ページ数が増えれば増えるほど、ホームページ全体に占める品質が低いページが増えることになって、トップページも誰も見ないような検索順位から上がらないことになります。

これは辛いです。記事を増やすのはかなり労力がかかりますから。大変な思いをして作った記事のせいで、SEOが逆効果なんて。残念ですが品質が低いページは削除するかリライトしましょう

SEO関係なく意図せずページ数が増えてしまうのは?

数行しか書いていないお知らせページです。

夏期休暇のお知らせ、みたいなイメージです。このようなページが増えるとSEOでマイナスになります。全ページ数に占める比率が少ないなら大丈夫です。しかし、比率が増えるとそれが影響してWEBサイト全体の検索順位が低下してしまいます。

記事ごとにGoogleに登録しないようにすることができます。カテゴリー単位でもできるので、お知らせは登録しないようにするのが一番です。制作会社に言えばすぐにやってくれます。

安易にSEO対策と思ってページ数は増やさないのがベター

今はワードプレスをはじめとするCMSが増えて、WEBサイト内にブログ記事を作成することができて、しかも、お客さん自身で作成できるようになりました(以前はアメブロなど、WEBサイトの外で外部ブログを使っていました)。

これで、気軽にページ数を増やせるようになり、制作会社からもアクセス数を増やすために手っ取り早い方法としてブログ記事を書きましょう!と言われて、ブログ記事を作成する方が多くいます。

でも、SEOで上位表示される記事の書き方を知らずに、ただページ数を増やすことになって、結果的に、ほとんどの記事が上位表示されない・・・という事態に陥る人をたくさん見てきました。

ブログ記事は好き勝手、自分が書きやすいことや書けることを書けばいいわけではありません。別に売上に繋げる、集客に繋げるという目的がないなら、それでも構いません。しかし、売上・集客に繋げたいのであれば、ブログ記事をどのように増やしていくかという全体戦略が必要になります。

そして、そのうえでSEO対策した品質の高い各記事を作成するのです。

これ、言うは易し行うは難しというやつで、上位表示される品質の高い記事を作成するのは慣れるまではそれ相応の時間と労力がかかります。ですから、安易な気持ちでページ数を増やす=ブログで記事を書けばいいや、と思わない方が良いです。

この記事と一緒によく読まれている記事

検索意図とは?調べ方からコンテンツの制作方法までを解説
SEOの基本「タイトル」のつけ方で初心者でも簡単に検索順位が上がる
SEO対策で必要なコンテンツ文字数はない!もっと大事なことは?

この記事を書いた人

株式会社ビーシーソリューション
代表取締役  馬場 宏
業界では異色の元国家公務員WEBマーケター
2013年の起業時からダイレクトレスポンスマーケティングにハマる。事象を論理的に読み解いて法則を見つけるのを得意とし、難易度の高いキーワードでの上位表示実績多数。
中学3年と小学4年の2児の父。趣味はスポーツ観戦と温泉巡り。

ホームページを育て、1年間で自走できるスキルを手に入れて
WEB経由で集客や採用の成果を出しませんか?

読んでいると自然と成果をあげる
WEBマーケティングやセールスライティングの
秘訣が身につく無料メルマガ絶賛配信中!

無料メルマガに登録

当社へのご相談・お問合せは
こちらからお願いします。

相談する

044-440-4994
平日9:00~18:00

ページトップへ