代表あいさつ

greeting

初めまして、株式会社ビーシーソリューションの馬場です。

当社は小さな会社でスタッフは制作業務のみをしており、お客様対応をするのは私だけになります。しかも、作りきりの制作はせず、ホームページ公開後にお客様と一緒に改善を積み重ねてホームページを育てていく会社です。そのため、私とは長くお付き合いいただくことになります。

そうなると「馬場って人はどんな人なのだろう?」と気になるのではないかと思います。ということで、私の自己紹介をさせてください。

業界では異色の国家公務員出身でWEB超ド素人

改めまして、馬場宏(ばばひろし)と申します。1975年生まれ、息子と娘がいます。

私は大学卒業後、総務省に入省しました。みなさん大嫌いな!?”国家公務員”出身です。この業界では本当に珍しいと思います。って、お願いですから、なんだよ国家公務員出身かよ(怒)と閉じるボタンを押さないでください!

総務省では情報通信(IT)を担当する部署にいましたが、郵政民営化に対応したシステム開発をしないといけないということで、なまじIT関係の資格をもっていたばかりに日本郵政公社に出向となりました。まったく予期していませんでしたが、ここからWEBに仕事として関わるようになりました。

その後、すったもんだの末に転職することになりました。実際に国家公務員として働くことで感じた色んな良いことも悪いこともありますが、、、ここで書くわけにもいかないので、当社とお付き合いいただくようになったら聞いてください。

転職そして

転職先は不動産デベロッパー。会社の情報化を企画・推進する部署で採用となりました。きっと郵政民営化のWEB/IT対応の経験がなければ、転職できなかったと思います。

人に物を売る仕事がない国家公務員には完全に欠けている感覚です。そういうのもあって、マーケティング楽しい!となり、マーケティングにものめり込んでいくことになりました。

情報推進課という会社のシステムやWEBの企画、改善や運用を担当する部署に所属していても、全体の戦略を共有してくれていた会社に感謝しかありません。しかしその会社もリーマンショックで大打撃を受け、独立へと向かっていくことに。。。

マーケティングとの出会い

国家公務員からの転職すると、民間の仕事の仕方が分からなくて苦労するんじゃないか?と結構構えていたのですが、意外にも苦労することはありませんでした。ただ、モウレツに最初から印象に残ったのがマーケティング。不動産デベロッパーは徹底的にマーケティングして、土地を購入して物件を建てます。地域特性にあった物件コンセプトでないと売れ残ってしまいます。

人に物を売る仕事がない国家公務員には完全に欠けている感覚です。そういうのもあって、マーケティング楽しい!となり、マーケティングにものめり込んでいくことになりました。

情報推進課という会社のシステムやWEBの企画、改善や運用を担当する部署に所属していても、全体の戦略を共有してくれていた会社に感謝しかありません。しかしその会社もリーマンショックで大打撃を受け、独立へと向かっていくことに。。。

いざ出陣!

不動産デベロッパー会社からすぐに起業できれば良かったのですが、突然の出来事だったため、すぐに決断できませんでした。そこで、知人が経営するITベンチャー企業に身を寄せることになりました。まぁ、運良く拾ってもらった、というのが本当のところです。

でも向こうも私が起業する前提で雇ってくれたので、仕事をこなしながら、どういうビジネスで起業するか準備を進めました。といっても、日本最大規模の銀行の次世代システムプロジェクトや損害保険大手の合併によるシステム対応プロジェクトという大きな仕事に関わっていたため、起業準備などと言えるほどの準備はできませんでしたが。何よりも拾ってくれた知人へ示せる最大の御礼は、仕事で成果をあげることだと思っていたので、胃に何度も穴があきそうなストレスフルな仕事でしたがやりきって、2013年4月にいざ起業しました!

マーケティングのできるホームページ制作会社を

「これまで仕事の中で身につけたスキル」×「楽しくて情熱を傾けられること」で考えた結果、ホームページを作るスキルとマーケティングの楽しさに行き着きました。なので、マーケティングスキルのあるホームページ制作会社を作ろうとなりました。

起業して仕事を始めると、幸い、商工会議所で知り合った士業の方からすぐに発注してもらうことができました。マーケティングで勉強した4P分析・3C分析・SWOT分析をして、問合せがたくさん来るようなホームページを作ろうと意気込んで作りました。結果は、、、問合せがくるホームページを作れました。お客さんにも喜んでもらって、もう順風満帆かと思っていましたが、すぐにそうではない厳しい現実が訪れました。

実は、国家公務員だったこともあって結構士業の仕事は詳しかったのです。司法書士の登記の仕事、行政書士の許認可の仕事とか。でも、もともとまったく知らない業界の案件が来たときに、本当にお客さんに成果を出せるのか、とてつもない不安に襲われました。

思ったように成果を出すことができない

ホームページの作成を依頼されるお客さんは様々です。業界も違えば、目的も違います。でも、ほとんどの場合、売上をアップしたい、集客したい、求人応募の数を増やしたい等の成果を求めています。中には安くていいので名刺代わりのホームページを作って欲しいという人もいますが。

マーケティングきちんとしてホームページを作ると言っている以上、お客さんに成果という形で貢献しなければいけません。でも、思ったように成果を出すことができない。それだけでなく、公開後の運用をお手伝いしていないと成果が出ているかさえ分からない。

これじゃいけない、と思うようになりました。

本当に必要なスキルと心から信頼できるパートナー

マーケティングは独学で書籍を読んで学んだなのですが、ホームページというウェブの世界のマーケティングを知らないといけない、極めないといけないと考えました。しかし、ウェブだから・・・ということに本質はありませんでした。媒体ごとの特性はあってもマーケティングの本質は変わりません。

いろいろマーケティングを探求していく中で、人間の行動心理やコピーライティング、広告などホームページで成果を出すために本当に必要なスキルと出会いました。

そして、苦しい状況を分かち合ったり、新しい展開を一緒に考えたり、苦楽を共にできる同業のパートナーができました。自社だけでは考えつかない物の見方ができるようになったり、時には一緒に制作することでお互いを高め合うことができるようになりました。

今後もまだまだ学び続け、より貢献できるように励みます

まったく知らない業界であっても、徐々に成果をあげられるようになりました。会うたびに、馬場さんのお陰だよ、と言ってくれるお客さん等、感謝されることも増えました。これは本当に嬉しいです。

現在9期目、あとちょっとで節目の10年目が見えてきました。10年目を迎え、次の新しい10年に向かっていくために、今よりもっと精進していきます。マーケティング、コピーライティング、広告、、、必要なスキルの奥は深いです。まだまだお客様に価値を提供できることがあります。

とはいえ、ビジネスの正解を私が全部知っているわけでもなく、色々探り探り進めたり、お客様に色々教えていただく必要もあります。お客様に伴走しながら目標を達成できるように、あなたにとって最適なネット集客の仕組みやホームページを提案できるよう精進していきます。

身長が中2になったときから伸びていないので163cmと小柄です。が、小さい頃から運動が大好き。あと、大勢の人の前で話したり、目立つことも好き。あー、あと未だに勉強も好きです。

好きなスポーツ

・野球(小学1年からリトルリーグ(硬式野球)のチームに入ってました)
・ハンドボール(高校3年間、マツヤニの臭いニオイと共に青春を過ごしました)
・スキー(高校3年で上級のコブを滑れるようになって卒業)
・スノボー(大学時代から20代は明け暮れてました)

趣味

・温泉旅行(温泉と美味しいご飯最高!)
・ゲーム(3Dゲームは酔うので2D限定)
・読書(歴史もの)
・勉強(マーケティング、コピーライティング)

ページトップへ