検索意図とは?調べ方からコンテンツの制作方法までを解説

WEB活用

一昔前は、検索順位を上げる方法として、衛星サイトを作って、そこから自分のホームページに外部リンクを貼るなど、今では完全にアウトな小手先のテクニックばかりがネット上で紹介されていました。

しかし、今では、検索ユーザーの「検索意図」は何か?
これを理解してコンテンツを制作することが、検索順位を上げるために絶対に欠かせないことになっています。

とはいえ、検索意図とは具体的にどういうことなのか?どうやって調べればいいのか?検索意図をもとにどうやってコンテンツを制作すればいいのか?分からない人もいると思います。

めちゃくちゃ基本的で基礎的なことで、決して面白い内容ではありません。
でも、今より検索順位を上げたい!上げる方法を知りたい!という方は、是非、参考にしてください。

検索意図とは?

GoogleはSEO対策として、「検索ユーザー」の「検索意図」を満たすコンテンツを制作することが有効であると、公式にアナウンスしています。

では、検索意図とは何でしょうか?

簡単に言うと、「検索する人が検索をする目的」です。

検索という行為は、ただなんとなくするのではなく、何かしら目的があります。つまり、何かが知りたくて検索するのです。例えば、、、

・友達との会話の中で知らない言葉が出てきて、言葉の意味が知りたくて検索する。
・親知らずが痛くて痛くて、近くに痛くなく親知らずを抜いてくれる歯医者がないか検索する。
・営業経験がなく独立して、新規のお客さんがなかなか獲得できないため、新規顧客の獲得方法を検索する。

・・・例をあげればきりがありません。

検索して知りたかったことが分かれば、検索意図を満たせたことになります。検索意図を満たしているコンテンツは、検索ユーザーが知りたいことが書いてあるので、しっかり読んでもらえます。もちろん、読みやすい、分かりやすい、心に響くコンテンツであればですが。

たいそうな振り方をしておいて、当たり前の話しか書いてないな、と思った人もいるでしょう。しかし、この当たり前ができている人がほんとうに少ない。かなり難しいのです。知っていることとできることは違う、というのの典型だと思います。

検索意図の調べ方

検索意図の意味は分かった。もともと知っていた。思っていた通りの意味だった。そういう人でも、案外、その調べ方は知らなかったり、調べていなかったりします。

最悪なのは、勝手に思い込んでしまうことです。
このキーワードで検索するということは、きっと検索して知りたいことはこういうことに違いないと。

例えば、「ブログ 書き方」で検索する人がいるとしましょう。
この検索キーワードから、検索意図がいくつも想定されます。例えば、、、

・ネットで「ブログ 書き方」で検索するくらいだから、検索順位を上げるブログの書き方を知りたいのではないか?
・「ブログ 書き方」だけなので、純粋にブログの書き方を知りたいのではないか?例えば、ブログの構成とか。
・「ブログ 書き方」であって「日記 書き方」ではないのだから、ネットでのブログの書き方が知りたいのではないか?例えば、ネット特有の感情を動かすようなライティング方法みたいな。

他にも、考えれば出てきますよね。

しかし、書き手側が想像するだけでは、たいていの場合、検索意図を外してしまいます。検索意図を外さないための方法は2つあります。

見込客へのヒアリング

まず一つ目は、見込客にヒアリングすることです。
見込客がどんなことで困ったり、悩んでいて、そのときにどのようなキーワードで検索するのか?これをたくさんストックしていくのです。

起業したばかりの人と、すでに多くのお客さんがいる人との最大の違いはココです。起業したばかりで聞ける見込客がいないと想像するしかなくなるのです。

すでにお客さんがいて、ロイヤルカスタマーがいると、お客さんが協力してくれて、リアルな話が聞けます。そうすると、検索意図を外す確率がぐんと減ります。

実際に検索

起業したばかりの人でなくて、お客さんがいる人でもなかなか聞きにくいということもありますよね。その場合は方法がないかというと、そんなことはありません。というか、こちらの方法の方が確実性が高いです

だってよく考えてみてください。

Googleは、検索ユーザーの検索意図を満たすコンテンツを評価すると公言しているのです。ということは、その裏返しを考えると、検索してみて上位に表示されているページは、、、

少なくとも、Googleが現時点で検索ユーザーの検索意図をより満足させているコンテンツだと評価している

ことに他なりません。

あなたが作ろうとしているコンテンツから、こんなキーワードで検索されるのではないか?という候補を出してください。そして、実際にそのキーワードで検索してください。そして、TOP10(=検索結果1ページ目)のページにアクセスして分析してください。

これをビシッとできるようになると、検索上位に表示できるコンテンツを制作できます。大丈夫だと思いますが念のため注意しておくと、分析したページのコンテンツをコピペするような真似は絶対にしないように!

これをすると、コピーコンテンツとみなされてしまいますから。

検索意図を満たすコンテンツ制作方法

さきほど、検索意図を調べる方法として、実際に検索すると書きました。そして、検索結果上位10位までのページを分析すると。

この分析を活かしてコンテンツを制作する方法をご紹介します。

コンテンツ制作の手順

1.分析するページの構成をチェックしましょう。

2.構成ごとの役割を考えましょう。

3.構成ごとにあなたの考えと「同じか異なるか」「異なる場合は、なぜ異なる考え方になるかの根拠」を整理しましょう。

4.他のページにはない伝えたい項目があれば、その項目を構成上、どこに追加するか決めましょう。

5.キーワードと検索意図、構成ごとの役割を意識しながら、文章を作成し写真を入れてコンテンツを制作するだけです。

コンテンツ制作後の改善方法

どうもホームページやブログは作ったらそれで終わりという考え方の人が多いのですが、それでは時間の無駄遣いにしかなりません。

作ったものを成果を最大限引き出すものに改善していくことが大切です。

そのための方法が、Google Search Console(サチコ)を活用することです。
サチコでは、どのようなキーワードで検索されたのか?何回クリックされたのか?指定した期間におけるキーワードの平均掲載順位は何位か?といった情報を見ることができます。

この情報を活用して改善していくのです。
狙ったキーワードで思ったように掲載順位があがっていないなら、タイトルや見出しを変更してみる。まったく思ってもみなかったキーワードで検索されているなら、そのキーワードをコンテンツの中に組み込む。とか、本当にいろいろと活用できます。

コンテンツ制作における注意点

繰り返しになりますが、コピペはダメです。絶対にやめましょう。

また、あなた独自の主張を必ず持ってください。
他の人が書いていることと同じ主張を、ちょっと表現を変えたくらいだったら、読み手にはすぐに分かります。あ、前にどこかで読んだのと同じだなって。

TOP10を分析して、あなたがまったく同じ考え方であれば、もう書かない方がマシです。これはさすがに言いすぎかもしれませんが、少なくとも検索からアクセスを増やすのは諦めたほうが良いです。

あと、他人や見たものに引きずられやすいタイプの人は、先に検索から入るのはやめるのが無難です。まずはちゃんと、あなた自身の意見や考え方を整理する。そのうえで、分析をしてあなたのものと比較してみるのです。

まとめ

検索意図は、検索ユーザーが検索をする目的、つまり、何かが知りたくて検索する、その知りたい気持ち、本当に知りたいことです。

これは日々のビジネスの中でお客さんとコミュニケーションを取って、ストックし続けることです。そして、それとは別に手っ取り早い方法として、現状のTOP10を分析することで、検索意図を理解するという逆のアプローチがあります。

これは、キーワード、検索意図に基づいてコンテンツを制作するときにも有効な手段になります。しかし、アプローチを誤ると、ただのコピーコンテンツになってしまうので要注意です。

あなたがお客さんに対して提供できる価値は何なのか?他の人が言っていることと同じことを同じように伝えるだけなら、求められることはありません。あなたならではの切り口で、あなたの考え方を伝えることで、他では得られないものが得られるのです。ここが本質です。

本記事を通じて、検索意図は何かを理解し、検索意図をより高い水準で満たすコンテンツをあなたが制作するのにご活用いただければと思います。


ページトップへ