パーソナルカラー診断・骨格診断のWEB集客の実践と成果とは?

ケーススタディ

From:馬場 宏
溝の口のオフィスより、、、

パーソナルカラー診断や骨格診断、顔診断、メイクなどイメージコンサルタントの仕事の幅は広く、パーソナルカラー診断は空前の大ブーム!骨格診断も雑誌に多く取り上げられています。

こうした環境もあって、パーソナルカラー診断や骨格診断の仕事で起業される女性が増えています。

つまり、競争が激しいということですね。

ライバルがたくさんいる中で、「どうやって安定的に集客していくか?」で悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

今回は、ケーススタディということで、実際にホームページを作ってどのようにパーソナルカラー診断や骨格診断の集客をしているのか?どのくらい集客できているのか?についてお伝えしていきます。

パーソナルカラー診断や骨格診断で起業した人の集客の現状は?

本題に入る前に、ちょっとだけ寄り道を。
ホームページを作らなくてもアメブロで集客できるでしょ?って思う方もいると思うので、その実態を先に説明しておいた方がいいと思ったので、説明します。

アメブロ集客の実態

アメブロでブログをたくさん書いて、他の人をフォローして自分のフォロワーになってもらったりしながらフォロワー数を増やして、、、集客していくという方法です。

アメブロの特徴でもありますが、アメブロという閉じられた世界の中でお客さんを見つけていく感じなるため、ある程度までの集客はできますが、起業してそれ一本で十分な集客ができるかというとできません。

できる人も稀にいますが、ほんの一握りです。

実際に検索してみると分かりますが、「地名 パーソナルカラー診断」「地名 骨格診断」で検索しても、検索結果にアメブロのブログはほとんどヒットしません。

この記事を書いている2020/7/3現在、「東京 パーソナルカラー診断」で100位以内にアメブロを使ったサロンは確認できませんでした。「東京 骨格診断」では最高位が34位でした。

つまり、インターネット上には存在しないに等しいのです。

では意味がないかというとそんなことはなく、月30万円くらい稼げれば十分、という方であれば、アメブロをカスタマイズして使えば良いでしょう。
それ以上を目指す、パーソナルカラー診断や骨格診断で月100万円以上稼ぎたいと高みを目指すのであれば、どこかのタイミングでホームページを作る必要が出てきます。

ホームページ集客の実態

お金をかけてホームページを作っている人はそこまで多くないです。でも、いくら少ないと言っても、これだけパーソナルカラー診断や骨格診断が空前のブームになっているので、結構な数のホームページがあります。

そのため、東京や名古屋、大阪などの大きな都市で上位に表示しようとすると、ただホームページを作っても上位に表示されることはありません。

パーソナルカラースクールの卒業生紹介でホームページのURLを載せてくれているところがあるので、試しに検索してみると良いです。残念ながら検索順位が低く、ホームページからの集客はほとんどできておらず、仕事として成り立っていないでしょう。

そういう意味では、コツコツやりさえすればある程度までは売上が立てられるアメブロの方がお薦めかもしれません。

でも、本気でパーソナルカラー診断や骨格診断が大好きで、その仕事で食べていきたいと考えているなら、相応のお金と時間を投資して、検索上位に表示されるホームページを作る必要があります。

パーソナルカラー・骨格診断のサロンホームページをどう作ったか

お待たせしました。いよいよ本題です。
ここまで読んでいるということは、あなたは本気でパーソナルカラー診断や骨格診断で稼ぎたいという方ですよね?

どのように集客できるホームページを作ったか、全部をここで記載することはできませんが、いくつかポイントとなる箇所について書いていきます。

あなたのターゲットは?

ホームページ集客うんぬんを抜きにして、あなたが本気で稼ぎたいなら、お客さんを絞り込みましょう。特に、ホームページ集客では、ここが影響してきます。

実は、まだまだこの業界はしっかりしたホームページが少ないので、例えば整体院とか美容院みたいな競争がし烈な業界と違って、ターゲットの絞り込みが多少ゆるくてもなんとかなります。

でも、勘違いしないでくださいね。絞り込まなくて良い、という意味ではありませんから。あなたが、こういうお客さんだったら、最高のパフォーマンスを発揮できて、お客さんにも最高の笑顔で喜んでもらえる、そう思えるターゲットを決めてください。

今回は、「年齢層×職業」でターゲットを設定しました。

年齢層を使うのは、実はターゲット設定としてはちょっとゆるい感じなんです。「悩み×〇〇〇」で考えると、メッセージはより強いものになるターゲット設定になります。

ここで大切なのは、

あなたのターゲットになる人は、どんな悩みや不安、心配、葛藤を抱えているのか?どんな欲求や願望をもっているのか?これが明確になっていないと、相手の心を動かすようなメッセージを伝えることができません。

トップページに依存せずブログからアクセスを集める

考え方としては、トップページのみに依存しない作り方にしました。

トップページは、「東京 パーソナルカラー診断」や「東京 骨格診断」みたいな地域名×サービス名で検索されたときに上位表示されるように対策します。でも、これはなかなか大変。

特にパーソナルカラー診断は競合も多く、順位の変動幅がちょっと大き目で、ある程度上位に表示され続けているサロンを抜くのは難しいからです。

仮に上位を取れても、いつその座を譲ることになるか分かりません。
つまり、安定しないのです。

実際、「東京 パーソナルカラー診断」で5位くらいまでに表示されていたときは、予約がすごかったです。1日に3件とか普通でした。

でも、あっさり1ヶ月ちょっとで検索順位が下がってしまいました。
当然、また同じような順位になって、それだけで予約がバンバン入るのを望んでしまうものですが、夢を見ても仕方がなく、現実をしっかり見据える必要があります。

それを考えると、検索順位の変動が少なく、色々な記事で色んなキーワードからアクセスする人を集める方が確実です。そのために、ブログ記事を活用しました。

最初は10記事くらい勢いで作ってもらって、そのあとは、そんなに増やしていないです。ノウハウ系記事は2年くらいで30記事ないくらいです。

よく専門性が伝わるノウハウ記事を書けば良いっていいますが、ただノウハウ記事を書いても、それだけでは申込みにはつながりません。このサロンでレッスンを受けてみたい!と思うような、ノウハウだけではない中核記事を2つ作っています。

ちなみに、記事数が多ければ良いというものではありません。数より質の方が大切です。質が低ければ、そもそも検索上位に表示されませんから。

レッスンのコース案内はLPっぽく作る

パーソナルカラー診断や骨格診断をしているサロンのホームページで、コース案内をみると、ほとんどのサロンがコース名とコース内容が箇条書きされたものしか用意していません。

これではせっかくホームページを見てもらえても、申込みにはなかなかつながらないので、LPっぽく作っています。

パーソナルカラー診断を2時間で1万円くらいとか、安さを売りにしているサロンなら箇条書きでも大丈夫でしょうけど。コースによっては5万円以上する、平均的な個人サロンよりも高めの料金なこともあり、値段以上の価値を感じてもらうためにLPっぽく作らなければならなかったのです。

LPという単語を知らない人もいるかもしれませんね。

よくあるのは、化粧品とかで縦長の1枚のページで販売しているのを見たことありませんか?あれです。

世の中的には、ああいう縦長のものは「うさんくさい」イメージがあります。でも、それは文章の書き方とかデザインの問題でしかありません。煽るような書き方をすれば、それは間違いなくうさんくさいです。

単価が高い場合は、しっかりと価値を感じてもらって、レッスンを受けた結果、手に入ること、手に入る未来をイメージしてもらう必要があります。

このときに必要なのは、なぜそう言えるか、その根拠です。
根拠がないと、これまたうさんくさくなるだけです。そのため、お客さんの声、お客さんのビフォーアフターをたくさん見せるように作っています。

もちろん、ただお客さんの声をたくさん載せるだけではないです。
ターゲットとなるお客さんだからこそ響くお客さんの声を載せるからこそ、納得し、未来をワクワクしながらイメージしてもらえるのです。

ターゲットとなるお客さんだから、こういう言葉にワクワクを感じる、こういう表現をするとテンションが上がる、というのをアップしているわけです。

ホームページから具体的にどのくらい集客できたか

ここが一番知りたいところですよね?
どのくらい集客できるのか?どのくらい売上が上がるのか?

ホームページへのアクセス数

ホームページは新しくドメイン(~@gmail.comの@より後ろをドメインと言います)を取って作ると、最初の3カ月くらいはGoogleによる評価が浸透するのを待つ期間になります。そのため、アクセス数は延びません。半年くらいかかるって言う人もいます。

弊社の経験上は、4カ月目以降からようやくGoogleの評価が反映された検索順位に少しずつ落ち着いていくことになり、アクセスする数が増え始めます。

月間のユーザー数を見ると初月は400、3カ月目で1000、8カ月目で3000、13カ月目で6000、15カ月目で10,000、19カ月目で23,000、22カ月目で30,000と増加しています。

月間のページビュー数を見ると初月は1500、5カ月目で4,000、9カ月目で9,000、12カ月目で10,000、16カ月目で21,000、20カ月目で37,000、23カ月目で48,000と増加しています。

ホームページからの申込み

申込みはというと、半年後から入り始めるようになり、9カ月目からは10名台へ、15カ月目には20名台に到達しています。

申込みの半数は約5万円のコースなので、おおよその売上は分かりますよね?
もちろん、これはホームページからの申込みだけですので、紹介などを加えると月100万円程度になります。

これを遅いとみるか、早いとみるか?
これはあなた次第ですが、起業して2年以内に月商100万円行けば嬉しくないですか?

さらにホームページからの集客を増やすために

せっかくホームページを見てくれた人に、どうやってコンタクトを取り続けるか?検索以外にホームページにアクセスしてもらう方法はなにか?を考えることで、さらに集客数を増やすことが可能です。

ここであげる2つのことは既に取り組んでいることですが、さらに活用していくことで、売上ではなく利益が月100万円になるように、取り組んでいきます。

メルマガの活用

今の時代、ブログで専門性のあるノウハウ記事をいくらたくさん投稿したところで、それだけでは信用されません。

似たようなノウハウ記事はどんどん生まれてきますし。

ブログでは書けないようなパーソナリティーを出したりしながら、専門的な話も伝えていくと、ファンが増えていきます。その人たちに定期的にレッスンの案内をすることで、申し込んでくれるようになります。

特に今回のコロナウィルスで自宅待機の生活になったときに、メルマガの重要性が再認識されたはずです。メルマガ読者がいる人とメルマガをやっていない人では、明らかに売上に差が出ています。例えば、オンラインでどんなことを提供すると嬉しい?みたいなアンケートをして、多かったものをやるみたいなことができますからね。

SNSの活用

相性の良さという意味では、インスタグラムです。
特にパーソナルカラー診断は、インスタグラムで視覚的に伝わることが大きいですから。

とはいえ、ターゲットによって使い分ける必要はあります。
インスタグラム、Facebook、Twitter、、、あなたのターゲットの多くが使っているSNSはどれでしょうか?

SNSの投稿が気になってホームページにアクセスしてもらって、という経路を確立すると、検索以外のアクセスが増えますし、検索よりも関心度の高い人からのアクセスになりやすいので、申込みにつながりやすいです。

ページトップへ