中小建設業・運送業の
経営者・人事担当者様へ
動画ブームに乗って応募が来る
準備はできていますか?

有料の求人募集広告を何度も出したり、ホームページの採用部分をリニューアルしたりすることなく、応募が来たら嬉しいですか?

はじめまして、株式会社ビーシーソリューションの馬場宏と申します。

新型コロナウィルスの影響で廃業に追い込まれる会社がたくさん出ている一方で、コロナ以前と変わらず人手不足の状態がずっと続いている会社もあります。そうした会社の多くは、SNSで頻繁に投稿して認知度を高めて求人に繋げようとしたり、メインバンクの信金に相談して人材コンサルを紹介してもらってコンサルを受けたりしているものの、応募が来ない状況が続いています。

このお手紙に目をとめてくださったということは、あなたの会社も人手が足りず、何とかして人手を確保したいと様々な取り組みをしているに違いありません。そして、きっと今の求人のやり方のままで良いか悩んでいるはずです。

もし、あなたがこんな風に感じるのであれば、ぜひ5分ほど手を休めていただいて、このまま読み進めてみてください。

あなたはこんなことはありませんか?

  • ただ待っているだけでは応募が来ないのは分かっているが、正直、何をどうすればいいか分からない・・・
  • できるだけ費用をかけたくないのでハローワークに登録しているだけ。やっぱりというか応募はない・・・
  • 会社のFacebookページを作ってちょこちょこ投稿しているが、求人募集のお知らせをしても全く反応がない・・・
  • Indeedに広告を出して、今までにないくらい広告はたくさんの人に見られたけど1件しか応募がない・・・
  • ホームページの採用ページに情報は載せているが、応募は無いし、どのくらい見られているのかも分からない・・・

1つでも当てはまるものがありますか?
だとしたら、今のままでは応募獲得に結びつかない状況が続いてしまう可能性が高いです。一旦ここで立ち止まって、求人の方法を見つめ直してみてください。

会社が成長するための最大のブレーキ

人手が足りない、、、簡単に機械やAIによって仕事を置き換えられる業種・業界とは違って、建設業や運送業は人が資本であるだけに非常に大きな問題であり、経営者にとっては悩みの種に違いありません。

本当は人が足りていれば請けられる仕事が請けられず、せっかく仕事の引き合いがあっても断らないといけない。求人募集をしても採用できない不安から、積極的に仕事を獲得しに行けない。

こうした状況が続けば、会社の成長が停滞してしまいます。会社が成長し、今より利益を増やし、社員に給料として還元することでモチベーションがアップする、そうした多くの経営者が望む未来に対する最大のブレーキが採用難です。

日本は労働者人口が減少していますし、建設業や運送業は若年層の人気が低迷しています。本当の意味では、外国人労働者を受け入れて行かなければ、日本全体で見たときの人手不足の問題は解決しないでしょう。

しかし中小建設業、運送業では、簡単に外国人労働者を受け入れられるものではありません。そうなると、同業内での転職希望者が中心になり、稀に異業種からの転職希望者で採用できる人がいるかどうか、という感じが実態でしょう。

そうなると、ある程度パイが決まっている中で人の獲りあいになるので、どうしても難易度が高くなってしまいます。

求人応募が来ない3つの改善すべき原因

原因1)募集情報が見られていない・読まれていない

見られなければ応募が来るはずがありません。
あなたも当たり前だと思うでしょう。しかし、多くの会社の募集情報は見られていません、読まれていません

「自社のホームページの求人情報のページに載せている」だけの場合は、ほぼ見られていないです。どのくらい見られているか、Google Analyticsでデータを取っていないケースもあります。

「無料で掲載できる求人サイトに募集情報を出した。有料の求人サイトに募集情報を出した。広告代理店経由で求人広告を出した。」のであれば、少なからず見られているはずです。でも、「見られている=読まれている」ではありません。もし、見ている数はそこそこあるのに、応募がほとんど来ないのであれば、読まれていない可能性が高いです。

原因2)求人に興味をもってもらえていない

同じ業界の似たような規模の会社と比べて、「圧倒的に給料が高い。休みが多い。福利厚生が充実している。」のでなければ、条件面だけで応募が来ることはありません。そもそも条件面が優れている中小企業なら、求人に困っていないでしょう。

多くの中小企業は似たような条件。その中で自社に応募してもらうためには、なにかしら興味をもってもらう必要があります。「自社の強み・魅力を明確にして伝える」ここ次第で興味をもってもらえるかもらえないかが大きく変わってきます。「うちと似たようなもんなのに、なんであの会社は人が集まってるんだろう?」という会社がありますよね?

ほんの少しの違いが、大きな違いをもたらします。同じことでも、見方を変えて、伝え方を変えると結果は変わります。

原因3)書いていることを信じてもらえてない

業界内であれ異業種からであれ、転職してくる人というのは、今の会社で何かしらの不満や問題を抱えている人です。転職した先の会社で同じような不満や問題を感じたくないので、その点はすごく慎重になります。

自社の良いところ・魅力としてアピールポイントを書いても、「それって本当なの?」と思われます。募集情報の中で伝えていることが事実だと分からないと怖くて応募してくれません。特に社風や会社文化みたいな目に見えないものは、求職者にとっても書いてある内容を鵜呑みにして信じるわけにはいかないのです。

どうしたら求職者が安心して応募できるか?を考えて、情報の伝え方や見せ方を工夫することで、応募するよう背中を押すことができます。

中小の運送業・建設業では読まれていないケースが多い

応募が来ない3つの原因をお伝えしましたが、一般的に、いわゆるガテン系の職種の人は文字だけだとあまり読んでくれません。文字が多すぎるとそれだけで嫌になってしまう。これはガテン系に限った話ではないのですが、特にその傾向が強いです。

そのため、読んでくれれば応募が来るかもしれない会社でも、その手前で止まってしまう可能性があります。そうであればもったいないです。広告費を余計に払うことになるかもしれないですし、本当は直さなくて良いところを「あーでもない、こーでもない」と時間をかけて直すことになります。

であれば、まずやるべきことは読んでもらうための工夫です。読んでもらえるようになっても応募が来ないなら、そのときは本質的な対応~自社の強み・魅力を明確にして伝える~をすることです。これがムダな投資をせずに済む正しい手順です。

アニメ動画で興味を惹く

どうやって興味をもってもらうかですが、人がついつい気になってしまうのはどんなときだと思いますか?

パッと見で違和感があるとか、意外なことが書いてあると、ついつい目が行ってしまう、気になってしまうのです。この「なんか気になってしまう」状態を作り出し、興味をもってもらうのです。その方法が、動画を作って掲載することです。

なんだ動画か、、、と思ったかもしれません。もちろん、ただの動画ではダメです。ポイントはパッと見の第一印象で気になってもらうことなので、『アニメーション動画』を使います。ドローンで格好良く空撮した動画とか、プロの動画クリエイターが作ったクリエイティブな洗練された動画は必要ありません。お金のムダです。

アニメーションの良さは、気楽に気軽に見れる気がすることです。だから、気になるだけでなく、動画を見てもらえるのです。サムネイルという動画の部分に表示される画像に、「まじで?」「え?なに?なに?」と思うことが書いてあれば、高い確率で動画を見てもらえます。

動画をみて興味をもってもらえれば、文字の部分も読んでもらえるようになります。例えば週刊誌も表紙に「え?なにこれ?」と思うフックが仕込んであるからこそ、知りたくなって読んでしまうのです。あなたの募集情報にもフックが必要です。

フックができたら、FacebookやTwitterなどのSNSでシェアしたり、ホームページの採用ページに載せたり、求人サイトの広告に載せたりして、積極的に募集情報を見てもらいましょう。

馬場 宏

株式会社ビーシーソリューション 代表取締役

2014年に型枠大工出身のホームページ制作会社と提携して建設業の職人の求人支援を始める。その後、人手不足が深刻な運送業、介護施設の求人を行うようになる。

求人は会社内にお宝がたくさん眠っており、それを第三者として掘り起こし、求人における強みとしてアピールするのが得意。

求人では1ヶ月間で16名の鳶職人からの応募を集めたり、1ヶ月で8名の解体工からの応募を集めたり、2週間で8名のトラックドライバーの応募を集めるなど、多くの実績をあげている。この2年くらいでIndeedの効果が落ちている中で、アニメーション動画を活用することで反応率をカバーするなど積極的に新たな手法に取組み、人材募集で苦戦している中小運送業・建設業のサポートをしている。

魅せる動画がもたらすことは・・・

メリット1)少ない投資で大きな変化の可能性がある

有料広告の文面を何度も変えて広告を出し続けると、1回30万円でも3回やれば90万円かかります。採用サイトを作り直すとなると、50万円~100万円程度かかります。しかし、読んでもらえさえすれば応募が来る可能性がある中では、本来は必要ない投資になる可能性があります。

アニメーション動画を1本追加して興味をもってもらうことで、今まで来なかった応募が来るようになるかもしれません。つまり、10分の1、20分の1程度の少ない投資で済むかもしれないのです。

何かを改善するときはいきなり全体を変えないのが定石です。スモールステップで行きましょう。

メリット2)載せるだけで他社との差別化になる

中小企業の場合多くの会社が頭を悩ませるのは、仕事の内容も給料や休暇などの条件面、福利厚生などが他社と差がない。似たような求人情報になってしまうということですよね?

もちろん同じことでも伝え方ひとつで与える印象を変えることができますが、高度なライティングのスキルが必要になります。その点、アニメーション動画はあなたのホームページやSNSで載せる、ただそれだけで他社との差別化になります。

同じような仕事、同じような条件だったら、他の会社と違う印象に残るものがある会社の方が選ばれる可能性が高くなります。

メリット3)ムダな広告費を垂れ流さなくて済む

一番ムダな費用は何かというと、成果が出ていないのに同じ広告を出し続けることでかかる広告費です。広告代理店の口車に乗せられて、認知度を上げるために成果が出ていない広告を出し続けるのは絶対にやめてください。

~改善して結果を検証~というPDCAサイクルを何度も回すことが成果を出す最短距離です。とはいえ、求人情報の何をどう改善すればいいか分からないですよね?アニメーション動画を載せるという改善で効果があればムダな広告費が減ることになります。

まずは簡単にできる改善から着手していく王道を進んでみませんか?

でも動画を作るのは面倒なんじゃないかと心配ですか?

アニメーション動画なので心配無用です。撮影して編集する動画とは比べ物にならないほど手間がかかりません。

すでに求人サイトや採用ページに必要な情報が載っていれば、写真を提供してもらうだけで作成できます。必要な情報が足りない場合は1回打合せをして内容を確認させていただきます。あとは作った動画を見て修正の確認をするだけです。面倒なことはまったくありません。むしろ簡単にできすぎて驚くかもしれません。

それに、万が一、動画を作れる情報があまりにも不足しているなら、「動画を作るべき状況でない」と無料相談のときに率直にお伝えします。無理に動画を作る提案はしませんのでご安心ください。

気になる料金ですが、、、
9月30日(木)までなら特別価格で
手に入ります!

建設業の職人や運送業のトラックドライバーは未だに人手不足が続いていますが、デスクワークの職種と違ってかなり難易度が高いことから、応募が来ないと悩んでいる経営者の方がたくさんいると思います。

求人応募を獲得するためのアニメーション動画の活用は、簡単かつ安価に今の状況に変化を起こしうる方法です

少しでも多くの会社で求人の問題を解決してほしいと思い、9月30日(木)までに無料相談にお申込みいただいた場合、特別価格で通常8.8万円(税込)の3.3万円引きの、5.5万円(税込)でご提供させていただきます。

※日本全国対応可能。打合せはオンライン(ZOOM)で実施。

1ヶ月間有料の求人広告を出せば30万円くらいはかかります。成果が出ないのに何も変えないまま広告を出してもです。それを考えれば、かなりお得な投資だと思いませんか?

※アニメーション動画の特性として実際に撮影するのと比べて作成できる内容に制約があります。このあたりは無料相談で事例をご覧いただきながらご説明します。

あなたには2つの道があります

1つめは今までと同じ方法で求人募集を続けて、「そのうち、いつか」応募が来るのを待つことです。「急いでいない、人手が足りなくても会社として今すぐ問題にはならない」のであれば、あえて変化を起こす必要はありません。今までやっていることを変えるのには大きなストレスがかかりますから。

2つめは今までやっていない方法を試してみることです。使う画像を変えたり、文章を変えたりといった見直しではありません。今まで使っていないアニメーション動画を活用してインパクトを与える。応募が来る可能性に挑戦する攻めの経営をしませんか?

人手が足りていないことで誰かに皺寄せがいったり、仕事の引き合いを断らざるをえなかったり、といった状況を解消することは、あなただけでなく社員みんなにとって良いことです。人が増えて仕事が増えて会社が成長すれば、給料をアップしたり、それで社員のモチベーションがアップしたりと好循環が期待できます。そんな未来に今すぐ一手を打ちませんか?