売上が頭打ちの事業主の方へ

働く時間を減らして売上を倍にする
ビジネス断捨離5つの鉄則

  • なぜ働く時間に売上が比例しないか分かる
  • 成果を出すまでの時間を短くすることができる
  • 目に見えない売上の壁を突破する方法が分かる

レポートを請求いただくと無料メルマガに登録されます。メルマガはいつでも解除可能です。

お願い

このレポートに限らず読むだけでは何も変わりません。読んだらひとつでも良いので行動してください。一歩踏み出せば明るい未来が待っていますから!

はじめまして。株式会社ビーシーソリューション代表の馬場宏と申します。

これまで130社以上の事業主の売上アップのご相談を受けてきました。数多くの相談から分かったことは、ちょっとした差が大きな売上の違いとなるということです。

年商1,000万円までは行動し続けていれば達成できるとよく言われます。私の体感的にはちょっと言い過ぎかなと。それでも、600~700万円まではいきます。途中で売上が頭打ちする時期を経験する場合が多いですが、その壁を乗り越えて、600~700万円までは多くの事業主が達成できます。

しかし、その一方で・・・
忙しいだけで売上は伸びない。なんとかギリギリ生活できる収入は得られているが、会社を辞めなかった方がお金が貯まっていた状況。そろそろもっと稼いでもらわないと困る、と家族から冷たい視点を感じている。

そんな事業主も存在します。

その違いは何によって
もたらされるのでしょうか?

それは・・・ビジネスの才能や能力があったからではありません
それは・・・サービスの品質が高かったからではありません
それは・・・偶然や運が良かったからではありません

実は、たった一つしかありません。

それは・・・
売上の読みが立つ鉄板パターンを持っているかどうか。

似たような同業の事業主がたくさんいる中で、似たような方法で集客をしている同業の事業主がたくさんいる中で、どのようにして売上を上げる鉄板パターンを作ることができるでしょうか?

勉強熱心で真面目な事業主ほど
ビジネスの断捨離が必要

勉強熱心で真面目な人ほど、インプットし過ぎてやることを増やしてしまいます。そして、やらなければならない、「ねばならない思考」になってしまいます。しかし、自分ひとりのリソースには限りがあります。

売上600~700万円までなら、ひとつの鉄板パターンを作る方が圧倒的に早く達成できます。そのためには、あなたはビジネスの断捨離をしないといけません。必要ないものを捨てて鉄板パターンを作れると、、、

  • 必要なことにリソースを割けるので、売上アップ施策の精度が高くなります
  • 売れない不安から、言われていない安売りや値引きをしないでよくなります
  • ある程度の売上予測をすることができるようになります
  • 売上目標を達成するまでの時間を短くすることができます
  • 次の目標である年商1,000万超えが現実のものとして見えてきます

国家公務員、大手不動産デベロッパーの社内システム担当、ITベンチャーのプロジェクトマネージャーを経て、2013年4月に起業。

営業未経験で「売上を上げる方法」の右も左も分からない中、起業当初は家庭を顧みず馬車馬のように働く。しかし忙しさとは裏腹に、ある時点から売上が伸び悩む。このとき、選択と集中による鉄板パターン確立とそのためのビジネスの断捨離の必要性に気付く。

自身の経験をもとに、同じような状況の事業主の支援を行っている。論理的でわかりやすい伝え方とプロのビジネスコーチとして一方的に伝えるのではなく質問を通じて自分で気づきを得るアプローチをとることで、行動に移しやすいと定評がある。