「ホームページ制作 川崎市」で検索する人とは?検索意図を間違えてるかも!?

WEB活用

「ホームページ制作 川崎市」、「川崎市 ホームページ制作」などのように川崎市とホームページ制作を組み合わせたキーワードで検索をする人の検索意図とは何でしょうか?

検索意図を間違って理解したり、検索意図を正しく理解しているのに検索ユーザーを欺くような内容のページを用意することは、ホームページで成果を出せなくなる大きな原因となるので注意が必要です。

「ホームページ制作 川崎市」で検索する場合を例にとって、検索意図を正しく理解する重要性をお伝えしていきます。

検索意図とは?

検索ユーザーが検索をする意図、つまり目的を意味します。

あなたもそうだと思いますが、 Google や Yahoo などの検索エンジンで何かを検索するときには、検索をする意図、つまり目的があるはずです。目的がなければ検索キーワードを入力できませんから。

Google の検索順位決定アルゴリズムは、検索ユーザーの検索意図によりかなった内容が記載されているページを検索結果の上位に表示するようになっています。

考えてもみてください。

検索結果の上位に自分の検索意図とは全くかけ離れた内容のページが表示されていたら?
実際に一位から順にクリックをしていって、1ページ目の10ページ全部が自分の検索意図と違う内容が書かれたページだったら?

きっとあなたはふざけんな Google、Yahooと思うに違いありません。

これでは検索エンジンが使えないと検索ユーザーに思われてしまいます。検索エンジンが使えないと思われてしまうと、GoogleやYahooは困ってしまいます。

なぜならGoogleやYahooにとっての収入源は広告収入だからです。

検索エンジンを利用してもらえないと広告収入が入ってきません。より多くの広告収入を上げるためには、検索エンジンをたくさん使ってもらう必要があります。

そのためには検索エンジンはやっぱり便利だな。Google先生、さすが!って信用してもらわなければいけないのです。

ホームページ制作を考えている人が入力するキーワード

大きく分けて二つに分かれます。

一つは自分でホームページを作ろうと考えている人が入力するキーワードです。もう一つは外注してホームページを作ろうと考えている人が入力するキーワードです。この二つによって入力するキーワードは大きく変わります。

自力でホームページを作る人が入力するキーワード

「ホームページ 作り方」、「ホームページ 自作」、「ホームページ 簡単作成」、「ホームページ テンプレート」など、他にもあると思いますが、このようなキーワードになると考えられます。

検索意図は、ホームページの作り方や自分で作る場合の方法、簡単に作れる方法、テンプレートに埋めるような形で作れる方法、そういった作り方や方法を探していることになります。

外注してホームページを作る人が入力するキーワード

自力ではなくホームページ制作会社に外注してホームページを作ることを考えている人が入力するキーワードです。

「ホームページ制作 地域名」、「ホームページ制作 集客」、「ホームページ制作 求人(または採用)」、「ホームページ制作 ブランディング」、「ホームページ制作会社 おすすめ」など、他にもあると思いますが、このようなキーワードになると考えられます。

検索意図はホームページ制作会社を探すことになります。地域の近隣の会社を探すのか、求める結果に対して高い成果を出せそうな会社を探すのか、探す観点はいくつかありますが、いずれにしてもホームページ制作会社を探す目的は共通します。

「川崎市 ホームページ制作」で検索する人の検索意図とは?

この場合は川崎市内にあるホームページ制作会社を探していると考えられます。多くの場合、自社が川崎市内にあって近隣のホームページ制作会社を探しています。

川崎市にある会社のホームページ制作をしてくれる全国の会社を探しているわけではないです。そういう会社もあるかもしれませんが、この可能性は極めて低いと考えられます。

求める結果にフォーカスした場合は、検索キーワードに地域名が入っていないので、全国のホームページ制作会社でより検索意図にあった会社が上位に表示されるので、遠方の会社も含まれます。遠方であっても制作してくれるのであればその会社が良いと思えば、制作を依頼することになります。

ですが地名を入力している以上、基本的には地域にあるホームページ制作会社を探しています。そして、その意図の奥にはさらに意図があって、「何かあった時にすぐに直接来て対応してくれる会社がいいから近隣の会社がいい」、「近隣の会社とお付き合いをしたいから近隣の会社がいい」など、他にもあると思いますが、何かしらの理由があって近隣の会社を探していると考えるのが普通です。

「川崎市 ホームページ制作」の検索意図を誤ると・・・

実際に「川崎市 ホームページ制作」で検索をしてみてください。もしあなたが他の地域に住んでいるのであれば、「横浜市 ホームページ制作」でも、「さいたま市 ホームページ制作」でも、「静岡市 ホームページ制作」でも構いません。地域名とホームページ制作を組み合わせて検索をしてみてください。

そして、検索結果1ページ目の10ページを実際にクリックして内容を確認してみてください。驚くことにその地域にあるホームページ制作会社ではない会社が何社も入っています。これは地域によって変わりますが、川崎市の場合、川崎市内のホームページ制作会社は一社しか表示されません。

見積もりサイトやまとめサイトが5つあり、それ以外に川崎市に本社や営業所がないホームページ制作会社が4社あります。(2021年5月20日現在)

川崎市に本社や営業所がないホームページ制作会社ですが、検索ユーザーの検索意図に合っているかと言うと合っていません。

検索順位は検索エンジンが決定していることなので、これらの会社が悪いということではありません。検索アルゴリズムを踏まえて、上位に表示される方法で上位に表示しているに過ぎません。

しかし、検索意図に合っていないため閲覧をされても川崎市内のホームページ制作会社よりは明らかに問い合わせの数は少ないでしょう。聞いたことがないので実際のところはわかりませんが、検索意図と合っていない以上はその可能性が極めて高いです。

川崎市外で上位に表示されているホームページの特徴

見てみるとわかりますが、その会社のホームページの中に様々な市町村の名前とホームページ制作を組み合わせたキーワードで作っているページが大量にあります。

例えば埼玉県にしか会社がないホームページ制作会社であっても、埼玉県内の市町村だけではなく近隣の東京、千葉、神奈川、茨城、栃木、群馬の各市町村の名前がついたページが用意されています。

そしてそれぞれのページを見てみると、川崎市内の地名や駅名、施設名、有名企業名などが無意味に列挙されています。そういうキーワードがあると川崎市に関連するキーワードと判断されて上位表示されるのです。

ホームページ制作会社としては、より多くのビジネスチャンスを得るために検索エンジンの仕様から考えてそういうページを作っていると考えられます。ビジネスを営んでいる以上、ビジネスチャンスを得るために様々な取り組みをすること自体は何の問題もありません。

なので決してそういう会社を非難しているようではありません。

言いたいのは、あなたがホームページを作るときにも検索意図に合っていない内容で上位表示がされたとしても、それは実際にはビジネスチャンスにはつながりにくいということを理解しておく必要があるということです。

特にこの記事を見ている方が個人事業主や数十名以下の小規模零細企業の場合、ホームページ戦略の基本はターゲットをいかに絞るかということになります。

ターゲットを絞って、そのターゲットに響くメッセージを届ける。それによって感情を動かし購買へと繋げていく。これが大原則です。ターゲットをむやみに広げることは小さな会社や個人事業主にはかえって成果を出しにくくすることになります。

まとめ

「川崎市 ホームページ制作」を例にとって、ホームページを通じたビジネスチャンスに繋げるという意味で検索意図に合う内容のページを作ることの大切さを理解していただけたでしょうか?

検索エンジンの仕様を基に上位表示することが目的ではないはずです。上位表示をしてそこからクリックして閲覧してもらい、最終的にあなたの会社に問い合わせや申し込み、購入につなげることが目的なはずです。

ホームページを運用しているとアクセス数に目が行きがちですが、アクセス数だけを増やしても意味がありません。アクセスから実際にどれだけ成約に繋がっていくのかという成約率を合わせて考えなければいけません。

まずは、あなたのターゲットとなる見込み客の人たちがどのような検索意図を持ってどのようなキーワードで検索をするのかリサーチしましょう。

次に、ターゲットの悩みや不安、心配、問題、課題、フラストレーションを特定しましょう。また不安や心配、問題、課題が解決された後の期待する姿、将来のありたい姿といった願望や欲求を把握しましょう。

それらを理解した上でターゲットの感情が動くようなメッセージを伝える、検索意図に合ったページを用意しましょう。

これがホームページ制作でとても重要なことになります。

ページトップへ